kukuluLIVE > マニュアル

Windows から配信

目次
ステップ1 OBS Studioのダウンロードとインストール
OBS Studio を公式サイトからダウンロードして起動し、指示に従ってインストールしてください。
OBS Studio をダウンロード
ステップ2 OBS Studioにソースを追加
OBS Studio を起動すると「自動構成ウィザード」が開きますので、キャンセルで閉じます。
「ソース」の「+」ボタンを押し、メニューから「ウィンドウキャプチャ」を選択します。
「OK」ボタンを押します。
「ウィンドウ」の一覧から配信に映したいゲームなどを選択し、「OK」ボタンで閉じます。
OBS Studio を終了させます。

CoffretからOBS Studioを起動すると、必須の設定は自動で行われます。
Coffretを使用しない場合や起動がうまくいかない場合、下記の手動設定をお試しください。

OBS Studioで「設定」ボタンを押します。
「配信」タブを開きます。
「サービス」を「カスタム...」に変更します。
「サーバー」に放送枠管理ページに表示されている「プッシュ接続先サーバ」を貼り付けます。
「ストリームキー」に放送枠管理ページに表示されている「ストリーム名」を貼り付けます。
これらはあなたに固有のもので、放送枠を取り直しても変わりません。
「出力」タブを開きます。
「出力モード」を「詳細」に変更します。
「キーフレーム間隔」を「1」に変更します。
「OK」ボタンを押して閉じます。
ステップ3 kukuluLIVE Coffretのダウンロードとインストール
kukuluLIVEの配信支援ツール「kukuluLIVE Coffret」をダウンロードします。このソフトウェアは、配信のコメント表示や読み上げ、OBS設定の自動化などを提供します。
kukuluLIVE Coffret をダウンロード ZIP版
インストールはそのまま指示通りに行ってください。最後の「Launch kukuluLIVE Coffret」をオンにしてCoffretを起動します。
ステップ4 Coffretでログイン
Coffretを起動してアップデートが完了すると、ログイン画面が表示されます。TwitterIDやAppleID/GoogleIDをお持ちの場合はそのIDを使用してログインしてください。
お持ちでない場合は、「新規登録」からkukuluIDを作成してください。
ステップ5 放送枠の取得
kukuluLIVE の放送枠取得を行います。お好みで「通常放送枠」もしくは「録画なし放送枠」を選択してください。
利用規約に同意します。
放送枠が取得され、Coffretでコメント欄が自動的に開きます。
ステップ6 CoffretからOBSを起動してプッシュ接続
Coffretから「OBS Studioの起動」ボタンを押します。
OBS Studioが起動しますので、「配信開始」ボタンを押します。
Coffretでプッシュ接続ができた旨表示されますので「放送状態を放送中にする」ボタンを押します。
トップページに放送が表示され、一般視聴者が視聴できるようになります。
ステップ7 放送の終了
放送枠管理ページから「放送終了する」ボタンを押すか、Coffretのコメント欄で「/end」コマンドを使用すると、放送枠が返上されて放送が終了します。
2回目以降は、Coffretを起動させて「ステップ5」から放送枠を取得するだけで放送が可能です。
















aquapal
© kukuluLIVE.