kukuluLIVE > マニュアル

スマホ/タブレットから配信

目次
アプリのダウンロード
iPhone、iPad、iPod (iOS/iPadOS)
AppStoreで「kukuluLIVE Encoder」アプリをインストールしてください。

Android
GooglePlayで「kukuluLIVE Encoder」アプリをインストールしてください。

KindleFire
Amazonアプリストアで「kukuluLIVE Encoder」アプリをインストールしてください。

下記のQRコードにスマホからアクセスすると、端末を判別して適切なアプリストアを開くことができます。
カメラ配信
スマホのカメラを使用して配信するモードです。
風景を配信したり、車載配信、料理配信などに向いています。

「配信モード」を「カメラ」に設定して放送枠を取得します。
権限をすべて許可すると、カメラ映像でプッシュ接続がはじまります。
映像下部アイコンは、下記の通りです。(OSによって機能がない場合があります。)
[1] イン/アウトカメラ切り替え
[2] カメラのオン/オフ切り替え
[3] オートフォーカスのオン/オフ
[4] 自動露光のオン/オフ
[5] フラッシュライトのオン/オフ
画面下部アイコンは、下記の通りです。(OSによって機能がない場合があります。)
[1] 放送の一時中断や終了
[2] 公開放送や準備中への切り替え
[3] GPSで現在位置を視聴者に表示(オンにすると視聴ページに地図が表示されます。)
[4] マイクのミュート/ミュート解除
[5] 設定画面の表示
設定アイコン>「放送設定や参加機能」から、放送のタイトルなどを変更できます。
設定アイコン>「読み上げ/画質/音質」または「コメント」から、読み上げの設定や画質音質(iOSのみ)を変更できます。
抽選や投票機能などは、コメント欄右上のメニュー>「配信者の操作」から行うことができます。
スクリーン配信
スマホの画面を配信するモードです。
ゲームアプリを配信したり、お絵描きを配信する際に向いています。

こちらの解説をご覧ください。

「配信モード」を「スクリーン」に設定します。
横向き画面で配信する場合は、「横向き画面モード」を「オン」に設定します。(この設定と画面の向きに相違があると、配信映像がとても小さくなるため注意してください。)
お好みの放送枠を取得します。
画面撮影に関する権限を許可します。
オーバーレイ権限を許可します。一覧から「kukuluLIVE Encoder 2」を探して押します。
「他のアプリの上に重ねて表示できるようにする」を「オン」に設定し、配信アプリに戻ります。
この画面になればプッシュ接続が成功しています。
外部RTMP配信(GoProなど)
RTMP接続に対応したGoProなどのアクションカムや、他のエンコーダーアプリを使用して配信するモードです。
kukuluLIVE Encoderアプリはコメントリーダーとしてのみ使用します。

「配信モード」を「外部RTMP」に設定して放送枠を取得します。
RTMPの接続先URLが表示されるため、アクションカムや他のエンコーダーアプリにそれらを入力してプッシュ接続します。
RTMPの接続先は放送枠を取り直しても変わりません。1度設定するだけで2度目以降は変更不要です。
コメントリーダー
「コメントリーダー」は、パソコンで配信中にスマホやタブレットでコメント欄を開くことで、コメント欄専用ディスプレイとして活用することができるモードです。
パソコンから放送枠を取得している状態でアプリから放送枠を取得しようとすると、下記のダイアログが表示されますので、「はい」を押します。
コメント欄が開きます。スマホの高性能な読み上げなども利用できます。
















aquapal
© kukuluLIVE.